ガジェット

DJIの最新3軸ジンバルDJI OM 4【オズモモバイルフォー】を購入したのでレビュー!

ドローンも含めDJIの新製品にはワクワクします。
で、早速購入してみました!

前作から大きく変わった点は、

・スマホの脱着がマグネット式に!
・耐荷重量の増加によって対応できるスマホの機種が増えた
・カラーの変更

なかでも、脱着がマグネットになったのはかなり大きなメリットだと感じます!
最近のスマホは重量がどんどん増えているのでモーターの強化もありがたい。
外付けのレンズを装着しても大丈夫そうです。

仕様

サイズ展開時:276×119.6×103.6 mm
折りたたんだ状態:163×99.5×46.5 mm
重量ジンバル:390 g
磁気スマートフォンクランプ:32.6 g
磁気リングホルダー:11.4 g
対応スマートフォン 重量230 ± 60 g
対応スマートフォン 厚さ6.9〜10 mm
対応スマートフォン 幅67〜84 mm
駆動時間15時間
機械的可動範囲パン: -161.2°~171.95°
ロール:-136.7°~198°
チルト:-106.54°~235.5°
ワイヤレスBluetooth Low Energy 5.0

 

主な機能

専用のアプリ DJI Mimoを使うとスマホには無い様々な機能を使っての撮影、操作をすることができます。

インテリジェント機能

ActiveTrack3.0、ストーリーモード、DynamicZoom、分身パノラマ、ジェスチャー操作

タイムラプス撮影

ハイパーラプス、モーションラプス、タイムラプス

様々な撮影モード

スピンショットモード、スローモーション、240度パノラマ、3×3パノラマ

進化した操作性

ペンライトモード、クイックロール、片手操作、スタンバイモード

各機能については公式HPが分かりやすいです!
DJI公式HP ⇒ https://www.dji.com/jp/om-4

 

開封

説明書の下に本体と三脚。今作から三脚も同梱されてるのは嬉しい!

本体と三脚、USB-Cケーブル、磁気スマートフォンクランプ

説明書の箱には説明書類、磁気リングホルダー、ホルダー取付ガイドシート、貼付け用シール類、収納袋、ストラップが入っています。

本体

本体正面には電源LED、ジョイスティック、録画ボタン、モードボタン(電源)

背面にはトリガーボタン

左側面にはズームスライダー

右側面にはUSB-C、USB-Aコネクタ
USB-Aコネクタとスマホを接続するとスマホを充電しながらの撮影ができます。

底面には三脚取付用のネジ穴

スマートフォンクランプ

磁気スマートフォンクランプを装着してみました。
私の携帯はGALAXY NOTE9で少し大き目なうえにケースを付けていますが、問題なく装着できます。

装着の際、ホルダーの矢印側にカメラが来るように取り付ける必要があります。
本体取付部には切り込み、マークが入っていてそこを合わせて装着するのですが、ある程度ラフに付けても双方に磁力がある為、マークの部分でカチッと装着されます。

起動

まずはアプリをインストールします。
アプリはこちらからや⇒ DJI Mimo

アプリをインストールしたら、スマホのBLUETOOTHをONにして接続し、指示に従って進めていきます。
アクティベート、ファームウェアアップデートが終わるとキャリブレーションへ進み、その後すぐに使用可能になります。

 

主な操作一覧

Mボタン

電源オフ時
・1回押す:バッテリー残量の確認
・長押し:電源オン

電源オン時
・1回押す:写真モードと動画モードの切リ替え
・2回押す:ランドスケープモード、とポートレートモードの切リ替え
・ビープ音が1回鳴るまで長押し:スタンバイモードを開始、終了
・ビープ音が2回鳴るまで長押し:電源をオフにします

ジョイスティック

・上下:チルト軸を制御
・左右:パン軸を制御

シャッターボタン

・1回押す:写真を撮影、動画の録画を開始または停止
・長押し:バースト撮影

ズームスライダー

・上側にスライド:ズームイン
・下側にスライド:ズームアウト

トリガーボタン

・長押し:ロックモード
・1回押す:アクティブトラックの起動
・2回押す:ジンバルの再センタリング
・3回押す:全面背面のカメラを切り替え
・1回押して長押し:スポーツモードの起動

 

実際に使用してみた感想

前作も持っていますが、ジンバルの機能は言うまでもなく最高で、全くブレのない動画撮影ができます!
電話を含め、スマホを外して操作する場面は意外と多いのでやはりマグネット装着はかなり便利です。
ActiveTrack3.0の追尾性も良く、DynamicZoomなどの面白い機能も簡単に使用することができるので撮影の幅が大きく広がります。
マグネットはかなり強力なのでそうそう外れることは無いと思います。

唯一、不満だった点としては、撮影データをSDカードに設定できなかったことです。
DJIサポートにも問合せましたが、アプリでの設定は無く、スマホ側で設定する必要があるとの回答でしたが、スマホ側で設定しても内部ストレージに保存になってしまいますorz
アプデで良くなれば良いですが。

まとめ

今まで様々なメーカーのジンバルを使ってきましたが、やはりDJIの安定性は安心できます。
これからジンバルの購入を検討されている方には、かなりオススメできるアイテムです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mashmash555

~mashmash555~ ヴォーカリスト、ギタリスト 数々のBANDサポート、2chカラオケ版での活動を経てクラウンレコードよりメジャーデビュー。故郷の福岡で活動。 ■Equipment:audio technica AE5400 , PRS P24 , Axe-FxⅡ etc ■Favorite Artist:中島卓偉 , 稲葉浩志 , MichaelJackson , 園田凌士 ■Interests/Hobbies:キャンプ、磯釣り

-ガジェット
-, , ,

© 2020 mashmash555 official blog