タックル

【保冷力検証】SHIMANOスペーザ プレミアムとDAIWA VSS3000RJ 真空6面クーラー比較

今回は、SHIMANOの真空6面クーラー「スペーザ プレミアム25L」を入手したので、現在使用しているDAIWAの真空6面クーラー「VSS3000RJ」とのスペック、機能、実際の保冷力の比較レビューです。
どちらのクーラーも各メーカーの上位主力機種なので、これから購入される方の参考になれば幸いです。

関連DAIWA ライトトランク4 VSS3000RJ購入 SHIMANO スペーザ BASIS240との比較

みなさん悩むクーラーボックスはDAIWA or SHIMANO? ずーっと昔に買ったSHIMANO SPA-ZA240を使っていましたが、氷の持ちが悪くなり、板氷を二枚入れていても、夜中~夕方の釣行で ...

続きを見る


 

スペック比較

SHIMANO スペーザプレミアムDAIWA VSS3000RJ
容量25L30L
重量6.8kg6.4kg
保冷時間63時間(クーラー容量20%分の氷、外気温31度)75時間(クーラー容量25%分の氷、外気温40度)
外寸(幅×長×高)305×685×320mm335×670×345mm
内寸(幅×長×高)220×500×230mm230×525×245mm
素材発砲ポリスチレン+真空6面パネルウレタン+真空6面パネル

保冷時間の条件が各々違いますが、スペック上はDAIWAが「ウレタン+真空6面」なので若干保冷力が高い印象です。

 

外観の比較

サイズ

「スペーザプレミアム」の方が容量が小さいので、一回り小ぶり。
小ぶりですが、内寸の長さは50cmあるので十分かなと思います。

 

 

クーラー内部

DAIWA VSS3000RJの内部

SHIMANO スペーザプレミアムの内部

 

どちらも一体型スノコでほぼ同じですね。
水栓もワンタッチで使用感は変わらず。
「スペーザプレミアム」の方がキャスターがある分、若干出っ張りがあります。

 

「スペーザプレミアム」はトップのレバーを引いて開けます
また、手を離すとパタンと閉まる自動ロック機構となっています。
しかし、何度か試してみましたが開く角度(少ししか開けていない状態)によっては完全に閉まらないこともあり、上から軽く押して「カチッ」とロックする必要があります。

 

 

「DAIWA VSS3000RJ」は引くタイプ。
こちらは自動ではないので蓋を締めた後にグイッと押し込む必要があります。

蓋は開閉することが多いので、どちらかといえば「スペーザプレミアム」の方が扱いやすい感じですね。

スペーザプレミアムには蓋のサイドにロック機構があり、より密閉し水漏れを防ぎ保冷力をアップすることができます。
今まで「DAIWA VSS3000RJ」を使用して水が漏れて困ったことは無いですが、保冷力がアップするのはかなり良いですね!

 

ハンドル

ハンドルは「DAIWA VSS3000RJ」の方が「スペーザプレミアム」より1.5倍くらい太いです。
手の大きさにもよると思いますが、個人的には「スペーザプレミアム」の方がしっくりきました。
手があまり大きくない方は「DAIWA VSS3000RJ」のハンドルは痛いと感じるかもしれません。

 

底面の足(滑り止め)

スペーザプレミアムの足

 

DAIWA VSS3000RJの足

質感的に「DAIWA VSS3000RJ」の方が柔らかく床で引っ張って試した感じでは、DAIWAの方がグリップ力があります。
「大型ふんばるマン」と名が付いているだけありますね。
実際の磯でどうか、今度の釣行で試してきます!

 

スペーザプレミアムのキャスター

耐久性は実際に使わないと分からないですが、真空6面は自重が結構あるので大漁の時にはキャスターがあると助かります。

キャスターを使う際はラックアップハンドルを起こして使用します。

カチッとロックを解除するとここで止まります。
これより上方向については、ロックされるポイントは無いようです。

 

保冷力の比較実験

実際に両者の保冷量を検証してみました。
30℃に設定した部屋で、それぞれに1.5Lのペットボトル氷を入れて時間ごとに残った氷の重量で比較してみました。
「スペーザープレミアム」の方は再度のロックもかけた状態で比較しています。

まず1.5Lのペットボトル氷を1本ずつクーラーに入れます。
入れる前の重量は1,514gです。

 

6時間後

溶けた水を出して残った氷の重量を計測。
6時間後の結果は、

「DAIWA VSS3000RJ」⇒1,269g


「SHIMANO スペーザプレミアム」⇒1,340g

6時間で結構差が出ました。

 

12時間後

6時間後の結果は、

「DAIWA VSS3000RJ」⇒511g


「SHIMANO スペーザプレミアム」⇒764g

12時間だとさらに差が出てきました。

 

24時間後

24時間後の結果は、

「DAIWA VSS3000RJ」⇒0g

氷は全て溶けていました。

「SHIMANO スペーザプレミアム」⇒764g

スペーザプレミアムは262g残っていました。
時間ごとにかなり差が開いたようです。

「スペーザプレミアム」が容量の差で5L分小さいので有利ではあると思いますが、ここまで差が出るとは思いませんでした。

 

まとめ

検証結果

SHIMANO スペーザプレミアムDAIWA VSS3000RJ
開始時1514g1514g
6時間後1,340g1,269g
12時間後764g511g
24時間後262g0g

今回の検証では、「スペーザプレミアム」の方が保冷力は高い結果となりました。
「スペーザプレミアム」はこれからメインで使用してくので、実際に使ってみた感想はまた追記したいと思います!


 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mashmash555

~mashmash555~ ヴォーカリスト、ギタリスト 数々のBANDサポート、2chカラオケ版での活動を経てクラウンレコードよりメジャーデビュー。故郷の福岡で活動。 ■Equipment:audio technica AE5400 , PRS P24 , Axe-FxⅡ etc ■Favorite Artist:中島卓偉 , 稲葉浩志 , MichaelJackson , 園田凌士 ■Interests/Hobbies:キャンプ、磯釣り

-タックル
-, , , , , , ,

© 2020 mashmash555 official blog